WEBディレクターとして必要なスキル

Direction

WEBディレクターの仕事とは

WEBサイトの制作に関する進行管理者 + 仕様策定になります。( クライアント様と制作側の架け橋となるのが役割 )
そのため、WEBディレクターは知識人じゃないといけません。クライアント様との会話、制作側と技術的な話などがあるため、幅広い知識が必要なります。

必要なスキル一覧

弊社では下記の項目でスキルセットしてます。

大カテゴリ 中カテゴリ 小カテゴリ
ビジネス 事業開発 新規事業立ち上げ
予算管理
営業・顧客開拓
交渉・折衝
マーケティング 市場調査
ユーザー理解
プロモーション
ドメイン知識 マネタイズ
特定業界
周辺領域
企画 調査・分析 目標設計・KPI設計
定量調査
定性調査
企画 戦略策定
論理的思考
飛躍的発想
UX設計
提案・調整 企画書・提案書作成
文章・告知文執筆
プレゼンテーション・スピーチ
社内調整・社外調整
プロジェクトマネジメント 開発フロー・開発手法 手法への精通
体制構築
スケジューリング 見積もり
マイルストーン設定・ロードマップ作成
スケジュール調整
仕様策定 画面設計・UI設計
技術仕様・システム設計
進行管理 タスク管理
ファシリテーション
分析・レビュー・振り返り
品質管理 実装確認
QA・テスト設計
チームマネジメント コーチング ビジョン・ミッションの確認と浸透
目標設定・キャリアパスの提示
熱意・愛情・思いやり
育成・教育 行動スキル
専門スキル
実務でのメンバー育成
メンバー活用 組織戦略・権限移譲・体制構築
採用
モチベーション促進
勤務時間・体調管理

ここから現在、できているかの有無を明確して、できていない部分を可視化します。そうすると、現在自分に足りていないものがわかり、自分も目標をセットし、それに向かって学んでいきます。

POINT

ビジネス面、技術面、チーム面と様々なスキルが必要となりますが、すべてをやろうとすると時間がかかるため、自分が得意なところをまずは伸ばし、苦手なところは協力することが大事です。

WEBディレクター不足が深刻

上記のスキルが必要となり、且つすべてのことを把握する必要があるため、WEBディレクター不足が業界として深刻だと考えてます。魅力的な仕事にみえない、やる割には稼ぎが少ない等があげられます。もちろん、簡単な仕事ではないですが、各業種の市場を知れたり、通常よりも世の中のビジネスが見えやすくなる職業だと思います。それを楽しめる方はぜひ、お勧めの職業になります。