リダイレクトの仕方まとめ | 仙台を代表するホームページ制作会社|AndHA(アンドエイチエー)

リダイレクトの仕方まとめ

公開日 :

  • コーディング

こんにちは、AndHAコーディングチームです。
弊社アンドエイチエーではたくさんのサイトリニューアルを手掛けてきました。

そこでよく聞くのが以下のような声。。。
リニューアルしても以前のサイトの評価を無駄にしたくない!!
Webサイトが新しくなっても今までのユーザーを失いたくない!!

心配しないで下さい!対策はあります。
今回はサイトリニューアルの際に必要となってくるリダイレクトについてまとめました。

そもそもリダイレクトって…

あるURLに訪れたユーザーを別のURLに転送するための仕組みです。

例えば、Webサイトを移転した際に、リダイレクト設定をしておくことで移転前のWebサイトに訪れたユーザーを移転後のWebサイトに転送・誘導できます。

なぜリダレクトをする必要があるの?

リダイレクトの目的は大きく2つあります。

1つ目はユーザーを失わないためです。
リダイレクト設定をせずに移転してしまった場合に、ユーザーが新しいページを見つけられずそのままということもありえます。
そのようなユーザーの離脱を防ぐためにリダイレクト設定をします。

2つ目はSEOの評価を落とさないためです。
移転前のページが検索エンジンからの高い評価を受けていても移転によってページが認識されなくなってしまうと評価が下がってしまいます。
リダレクト設定をすることで今までの評価を引き継ぐことができます。

リダイレクトの種類と設定

リダイレクトには大きく2つあります。
サーバーサイドリダレクトとクライアントサイドリダイレクトです。

サーバーサイドリダイレクト

サーバー側でリダイレクトを設定します。

サーバーサイドリダイレクトの方法①

.htaccessによるリダイレクト
.htaccessはWebサーバー上に置かれる設定ファイルのことで、リダイレクト以外のいろいろな設定をすることができます。

使用できる条件

  • WebサーバソフトにApacheを使用
  • サーバーにアクセスする権限が必要(FTPなど)

.htaccessによるリダイレクトの手順

1.テキストエディタでhtaccessファイルを作成

2.リダイレクトの仕方に合わせた記述をします。
(とても重要なファイルのため、バックアップは絶対にとって下さい)
以下の記述は一例です。
SSL化等の状況によっても記述の状況は変わってきます。
ぜひ一度調べてみて下さい。

・ページ単位でのリダイレクト
 abc.htmlからdef.htmlに転送させる記述

RewriteEngine on
RewriteRule ^abc.html$ http://and-ha.com/def.html [L,R=301]

・ディレクトリ単位でのリダイレクト
 abcディレクトリからdefディレクトリに転送させる記述

RewriteEngine on
RewriteRule ^abc(.*)$ /def$1 [L,R=301]

3.htaccessファイルをサーバーにアップ

サーバーサイドリダイレクトの方法②

phpによるリダイレクト
ページ数が多いなど.htaccessでは条件分岐が複雑な場合に使用されます。
サイト内のリダイレクトを一括で管理することが難しくなることには注意が必要です。
htmlファイルの先頭にphpを記述することでリダイレクトする方法です。

abc.phpからdef.phpに転送させるケースでの記述

<?php
http_response_code( 301 ) ;
header( "Location: ./def.php" ) ;
exit;
?>

恒久的なリダイレクトと一時的なリダイレクト

サーバーサイドリダイレクトではリダイレクトの時間的な操作が可能です。

301リダイレクト

サーバーサイドリダイレクトで、恒久的(永続的)なリダイレクトです。以下のような時に使用します。

  • ページの移転が完了し、元のページに戻ることがない時
  • SSL化した時(httpからhttpsに変更)
  • Webサイトをすべて移転した時
  • 正規化をしたい時(index.htmlのありなし、wwwのありなしを統一したいとき)

302リダイレクト

サーバーサイドリダイレクトで、302は一時的なリダイレクトです。
以下のような時に使用します。

  • 一時的に別のURLでサイトを公開する時(メンテナンスや期間限定ページ等)
  • デバイスに応じて訪れたユーザを転送したい時(デスクトップとモバイルで別にページがある等)

クライアントサイドリダイレクト

ブラウザ側でリダイレクト設定します。

クライアントサンドリダイレクトの方法①

meta refreshによるリダイレクト
meta refreshはhtmlのheadタグ部分に記載する指示により転送する方法
HTMLの基準を定めるW3Cでは前から非推奨のため、あまり見なくなりましたが”当ホームページは移転しました。10秒後にジャンプします”という表示が出るあれです。
W3Cでは非推奨ですがgoogleではサーバーサイドリダレクトができない場合の策として提案されています。

meta refreshによるリダイレクトの記述

<meta http-equiv=”refresh” content=”5;URL=’abc.html'”/>

5の部分が秒数部分です。ここで転送する時間を操作できます。
SEOのことを考えるのであれば、転送までの時間は0秒を指定しておくのがおすすめです。

クライアントサンドリダイレクトの方法②

JavaScriptによるリダイレクト
サーバーサイドリダイレクトができない場合は、JavaScriptによるリダイレクトができます。
JavaScriptによるリダイレクトは、ユーザー側でJavaScriptを無効にしている時や、実行に失敗した場合は転送されないので注意が必要です。

JavaScriptによるリダイレクトの記述

<script>
setTimeout(“link()”, 0);
function link(){
location.href=’https://(abc.html)’;
}
</script>

まとめ

リダイレクトは、サイトの移転などを行う際に、必ず必要になると言ってもいい設定です。
SEO対策として今までのサイトの評価を引き継ぐため、今までのユーザーを失わないために正確なリダイレクト設定方法を一緒に覚えておきましょう。

弊社ではサイトリニューアルから運用まで幅広く対応しております。
お困りごとがございましたら、弊社アンドエイチエーまでお気軽にご相談下さい!

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena-bookmark

合わせて読みたい